不法就労させないために

不法就労


不法就労
とは、本来日本で働く資格がない外国人が働くことです。

資格なく働いた外国人は処罰され、退去強制自由に該当するケースもあります。

 

また、不法就労は働いた外国人本人だけでなく、働かせた事業主自身にも大きな影響を与えます。

というのも、就労資格の無い外国人を働かせた事業主は、「不法就労助長罪」に問われるからです。

外国人を雇用する企業にとって、従業員が不法就労をしていないかどうかということは常に意識しておくべき事項なのです。

 

この項目では、不法就労や不法就労助長罪について詳しく説明していきます。

 

「不法就労」をさせないために

 

不法就労が判明したときにとるべき対応

 

外国人の就労に関する入管法の規制

 

他社雇用の外国人を受け入れる場合

 

「単純労働は外国人にはさせない」が大前提

 

外国人雇用体制が問題でビザが下りない場合

お気軽にご相談ください
お気軽にご相談ください